コースの攻略法

 

ハプナゴルフコースは、コハラ海岸線とマウナケアリゾートを見下ろすなだらかな丘陵地に広がります。天然芝と約千年前に形成された溶岩砂丘が織りなす地形をゴルフコースに利用しています。以下の点に注意しながらプレーすると、よりよいスコアを獲得できるでしょう。

 

パー5攻略法

ハプナのシグネチャーホールは、アーノルド・パーマー設計のトレードマークでもあるパー5、3番、8番、11番と14番ホールです。リスクとリワードのチャンスがそれぞれ作り込まれています。ロングヒッターであれば全4ホールが2打でグリーンに届きますが、慎重な戦略作りと正確なショットが必要となります。

ハプナ3番ホール

コースデザインにはアーノルド・パーマーの豪快なプレースタイルが特徴づけられています。グリーンまで左に曲がり続け、ティーから240ヤードあたりでフェアウェイは一旦なくなります。左側の池を中心にグリーンは固く守られているので、グリーンへのショットが長くても短くても危機感を伴います。

キーポイント:
2打でグリーンに乗せるチャレンジをするかしないかは、ティーの段階で決定するべきです。挑戦しないのであれば、OBを避けるため、ドライバーの使用は控えましょう。グリーンの真左に池がありますが、右側に点在するフェアウェイバンカーも回避する必要があります。

ハプナ8番ホール

このホールもまた左にまがりますが角度はゆるめで最後までアップヒルとなっています。見た目も素晴らしく、アグレッシブなプレイヤーが思う存分力を発揮できるホールです。見た目よりもグリーンが高いので8番ホールのグリーンへのショットは少し難しい作りになっています。

キーポイント:
8番ホールのティーショットはなかなか難しく、特に貿易風が左から吹いている時は、多くのプレイヤーがショットを右にそらしてしまいます。このホールにはロードローで攻めると良いでしょう。

ハプナ14番ホール

ティーショットと2打目それぞれで、いくつかの選択肢が広がる最高のパー5。ティーからホールまでほぼ真っすぐ、わずかにアップヒルになっています。2打目で峡谷を超えるショットを打たない場合、丘の高台に位置する印象的なグリーンへのショットは、ヤーデージより長いものになります。

キーポイント:
2打目にレイアップを選択した場合、ボールがフェアウェイの右側にある危険に近ければ近いほど、グリーンまでのショットは短くなります。もしチャンスがあれば、2打でグリーンに乗せる挑戦を試みてください。

 

MyRez4

空き室検索・予約

eニュースレター購読に登録していただいた方には
最新情報やお得なプロモーション情報をお知らせいたします。